2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.04.06 (Sun)

うに14歳

これが最後に撮った写真になりました。
2014年3月5日撮影。14歳のうに。

20140305uni.jpg

本日2014年4月6日。
ペット霊園にてうにを火葬していただき、娘とふたりでお骨をひろって骨壺に入れて
抱っこしておうちに帰って来ました。

しっぽの先のいちばん細い骨までくっきりとうにで愛しくて。

ちいさい軽いと14年間ずっと云っていましたが、なんだかんだ云ってやはりメインクーンおっきいなって(笑)
泣き笑いしながら、娘とお骨を拾いましたよ。

家に連れ帰ってなんだかようやくちょっとほっと出来ました。
そして、ふと振り返ったら、うにのまわりはこんな状況になっていました!

20140406.jpg

もちろん娘@8歳の仕業です
…思えば、娘がまだまだもっと幼かった頃 ママが育児に疲れ果てて寝落ちしてしまったときも、目覚めたらママの周りがこんな風になってたことあったなぁ。
娘、変わらない(笑)
これならうにもママもさみしくないかな。ね。

ありがとうございました。





20140328uni.jpg

実は、本当にいちばん最後に撮ったうにの写真はこれです。
2014年3月28日撮影。
翌 3月29日から私が家を留守にするため、その間ペットシッターとして来てもらうAちゃんに「ごはんはここで上げてね」的なマニュアルを作成するのに家の中を撮影していたとき写り込んできたもの。

ふわふわうに。
亡くなってからもずーっとふわっふわのもっふもふのままでした




【More・・・】

◆◆◆◆◆

思い込みかもしれません。
笑わないで読んでくださいね。

今年に入ってからうにの体調に変化があって急激におじいちゃんになったって思っていたのですが、良くなったり悪くなったりを繰り返すためずっと様子見で、よくなる度に「まだまだ大丈夫!」って安心してしまっていました。
家人の引っ越しのため一週間上京する際も、出ていくときには安定していた状態でしたし、以前ハワイ旅行に行くときそうしたのと同様にAちゃんに鍵を預けてペットシッターをお願いして出掛けました。

水曜日にAちゃんにTELしたところ
「火曜日もにゃあにゃあ甘えてきてたよ。元気だよ〜」ということで、安心していたんです。
なのに、
翌木曜日の夜「今日行ったら、なんか様子が変だった」と連絡があって。

まさかね。
まさかだよね。

って思いながら帰ったのがその翌日、金曜日。
うにが息を引き取ったのは、その翌日の土曜日でした。

あっという間でした。

金曜日に帰ったら、血を吐いたらしく部屋にいくつかの血痕がありました。
あまりにもどす黒い血で、パッと目には「下痢?」って思うような、血痕。
亡くなる当日の明け方には、びっくりするような大量の血を吐いたので、慌ててタオルで受け止めて、何枚ものタオルで顔に付いた血を拭いてあげたりして。

その時の血が大量だったので、そこでようやく気がつきました。

木曜日と金曜日。
東京の街中をうろうろしているときや、駅のホームや、家人の宿舎や、空港や、電車の中で。
なにか、ひどくひっかかる酸っぱいような気になる特殊な匂いを幾度と無く感じていたんです。

その度「あれ?これ私の汗の匂い?」「娘の匂い?」「それとも、東京の匂い?いやでも水曜日まではコレ気になったことなかったけど、なんで急に???」って、その度あちこちくんくんしていたんです。

絨毯に付着したちょっぴりの血痕を拭いてたときには気付かなかった。
でも、うにが吐いた大量の血を直接受け止めたときに、ようやく気付きました。

この血の匂いでした。

あぁ、私が東京にいる間、何度もママのところに来ていたのかも知れないって。
辛くて苦しいときに、一人にしてごめん、うに。

でも、わかんないよ!
血の匂いなんてママには気付かないよ!
本猫のうにの匂いで呼びに来てよ!
って、逆ギレも思いつつ…。

早朝5時50分。
咳き込んだうにをナデナデしている間に、うにはそのまま静かに息を引き取りました。
旅立つ瞬間、うにの側でうにに触れていられてよかった。

日曜日に火葬してお骨を拾いました。
今日は月曜日。
ずっと気になっていたあの匂いはピタリと感じなくなりました。

あぁきっともう苦しくないんだわ。
だから、血の匂いがしないんだね。

そう思うと、もうあまりつらくなくなりました。

気のせいかな。
思い込みかな。
それでもいいよねって思っています。

火葬をしていただいたペット霊園の方は
「きっとこのコはまた貴方のところに戻ってきますよ」って仰ってくださいました。

悔いも後悔もたくさんあるけど
それは胸に封じておきます。

うに。大好きだよ。
最後までありがとう。

こんなエントリ読んでくれたあなたも、
ありがとうございました。



スポンサーサイト
20:01  |  ねこ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

何かコメント残したいって思うのに、あてなさんを励ました行って思うのに、涙しかありません。
辛い別れでしたね。うにちゃんのご冥福をお祈りしています。
さき |  2014.04.11(金) 20:36 | URL |  【編集】

☆さきさん

ありがとうございます。
どんな言葉をかけていただくよりも
さきさんがお友達でいてくださることが私にとって
なによりも励ましになります。

次にお逢いするときには
また笑顔でお逢いしましょう!
本当に、ありがとうございます。
あてな |  2014.04.11(金) 20:48 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2014.04.23(水) 09:51 |  |  【編集】

★Rちゃん

メッセージありがとうございます。
お互い切ない春になっちゃいましたね…i-241

1か月が経ちましたが、まだ側にいてくれてる気配がします。
お互い、大好きだったあの子が今しあわせであることを祈りましょう。
あてな |  2014.05.05(月) 22:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://athenabrand.blog67.fc2.com/tb.php/693-3f1d3320

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |