2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.04.05 (Sat)

うにのこと

うにの想い出話に少しだけお付き合いください
猫写真ONLYのエントリですので、苦手な方は避けてくださいね。

   ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

2000年3月1日生まれのうに。
小さなバスケットに入って我が家にやってきたのは、夏に近い春。

0005.jpg

はじめてこの家にやって来た日は洗面所から動こうとせず。
私も一緒に洗面所の床で一夜を過ごしました。
14歳の弱ったうにが横になっていたのもおなじ洗面所…。

0007.jpg

眠ると笑顔のような表情になる仔猫でした。

0011.jpg

うにという名の由来はどこしょのトロ。
家人が云った「俺は(寿司ネタなら)トロよりもうにが好きだ」という一言で決定しました。

0107.jpg

メインクーンのブラウンタビー&ホワイトのおとこのこ。
かなりおっきくなるのが定番のはずなのに、うにはマンションサイズでちびっこふわふわのままでした。

0207.jpg

これは2004年の写真。
確かこの頃、先天的な気管支疾患があることが判明。
そして、それが判明する決め手となったレントゲン撮影時に複数の人間から押さえつけられたトラウマから、ちょっとした刺激で激しい攻撃的発作を起こすいわゆるパニック猫という症状を持つことに。

0406.jpg

このパニック猫という発作には本当に、最後まで苦労しました。
初対面の人間には会わせられない、症状が出そうになったら隔離する。
ことあるごとに私たちも負傷しまくり。
獣医にもかかれない。
…パニックを起こしてないときは、本当に可憐なかわいこなんですけどね~(笑)

0408.jpg

足の裏もピンクでもっふもふ。
パニックを起こしてないときは、仔猫の頃とおなじ穏やかでひとなつっこくってやんちゃ。
いわゆる“わんこっぽい”のはメインクーンの基本的な特徴らしいです。

0501.jpg

これは娘が生まれる少し前。2005年の写真。
2014年、おじいちゃんになってもこの頃のイメージのままのうにでした。

0502.jpg

大好き、うーさん。
病めるときも健やかなるときも
娘が生まれる前も生まれてからも
ずっとずっと一緒にいてくれて ありがとう。

14年間ずっとありがとう、うに。


スポンサーサイト
22:00  |  ねこ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

えーーーん(≧Д≦)

涙ナシでは読めませんでした。

私の実家でも、私が中学生の頃から順々にい犬や猫がやってきて、多い時は、犬2匹と猫3匹がいました。

みんな年をとるにつれてだんだん病気なんかも出てきて、お別れのたびにとっても悲しい思いをしてきたものです。

今はたった1匹だけ、今夏で20歳になる女子猫がいます。
私が大学生になってから叔母のところにもらいに行った、チンチラシルバーのミックス。

最後のコなので、その時がきたらすごく悲しいだろうなぁと思います。

すぐにお別れするのが悲しいのもよく分かります。

最後の夜を一緒に大切に過ごしてくださいね。
伊藤愛 |  2014.04.06(日) 00:05 | URL |  【編集】

☆伊藤愛さん

ありがとうございます。
ちいさな生き物は自分よりも先に逝くのだとどんなにわかっていても、頭で理解していても、哀しいのは仕方ないですよねi-241
失ってしまった哀しさよりも
一緒にいた時間がどんなにしあわせだったかを
思い出しながら一夜を過ごしました。

チンチラシルバーちゃん、少しでも永く健やかにいられますように。

ありがとうございました。
きょうこ(あてな) |  2014.04.06(日) 22:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://athenabrand.blog67.fc2.com/tb.php/692-68f1a8aa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |