FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2019.10.22 (Tue)

Benthos

20191022-1.jpg

Benthos
野上鉄晃監督の15分のショートムービー。

ちいさなちいさなご縁がいくつもいくつも重なり合って、私にとって
とてもとてもしあわせなご縁となりまして。
2019年春先、
お手伝いをさせていただけるという幸運に繋がりました。

「着付け師役のエキストラ」
という大役をやらせていただいたのです
やったー

本日、長崎市内で上映会があるということで。
わくわく観に行ってまいりました!
しかも
エンドロールに名前まで入れてくださっていて
感激しきり
しあわせです。
こんな嬉しい経験めったにありませんよね。
ありがとうございました

20190306.jpg

エキストラですから、
台本を読んでいるわけでも全体の撮影を見ているわけでもなく。

ゼロの真っ白の状態の15分間。

田中美登里さん・宮﨑香蓮さんというおふたりの女優の凄まじさに震えました。
すごい!
無言の表情だけで揺さぶられる快感ですよー! うわーっ!

深海の淋しさ。
いちど大きく栄えた、人間の手によって作り上げられた場所から人々が去り取り残された人工のものたちが緑に侵略されていくノスタルジーが私はとても好きなんですが
(いわゆる廃墟的な風景が大好きです)
それを深海や引きこもりとリンクさせる感覚って、やっぱ感性なのかなー。
凄いなー
こうリンクさせてこう繋げてこう表現するのかーうわーうわーうわーって思っていた感情のほとんどは、その直後ステージに現れた又吉直樹さんがすべて語ってしまわれました(笑)
うまく言葉に出来ない感情をきちんと言葉として語られていて、
これまた凄いなーって(笑)

今日はスゴイスゴイスゴイってずっと思っていた一日でした

濃ゆい時間を過ごさせていただきました

20191022-2.jpg

上映会が行われたイベントはこちら☆彡
映画にも俳優として出演されている長崎亭キヨちゃんぽんさんのお笑いLIVEでした

長崎亭キヨちゃんぽんさんは映画の撮影のとき控室でエキストラの私にもお茶飲みませんか?とか気さくに声を掛けてくださったんですよー

長崎ではこんな豪華なキャストが集まるお笑いライブなんてそんなにないですよね?
私もこんなLIVEはじめて観ました!
おもしろかった~

ただ、あまりにもたくさんお笑い芸人さんたちが次々に現れたので、どれが誰だったのかイマイチ記憶がハッキリせず…
申し訳ない

おひとり、要所要所でパッと荷物を持ってハケたり
すみっこに行きそうになる宮﨑香蓮さんを舞台中央へと導いたりと
このひと気が利くな~って感心した人がいたんですが、
既にお名前もコンビ名もわかりません…
まぁでもね!
おもしろい方だったのでね!
きっとそのうち売れてパーっと出てこられることでしょう!(笑)

(その後ぐぐってみたら「LLR」の福田恵悟さんだったんじゃないかなーって思ったんですが、確証はナイです…ホントすいません…

20191022-3.jpg

ラストには
こんな風に舞台中央に集まって「撮影どうぞー」って時間までくださるサービスっぷりでした

いやあ、楽しかったです

あとで知ったことですが、
このステージのあと
又吉さんは本屋さんに移動してサイン会されてたみたいですね…ハードだ…(笑)



【More・・・】



今回のお手伝いは「着付け師役」。
なので、ヒロインがお召しの振袖は実際には私が着付けをしたのではありません。

着付け師にはそれなりにそれぞれの美学があって、
各々が自分にとって
いちばん美しいと思う構図で
いちばん装うひとに似合う形に縁取りながら
いちばんその場にそぐわしいと思うスタイルに着付けをします。

なので
正直、私が着付けをしたなら
もっと華やかな半衿をもっと大きく見せて、喉元は見えないようにもっとくっとしめたな…と思ったんです。

映画を観てる最中もそれは思っていたのですが
又吉さんの語っていた考察を思い返しながらもう一度あの着姿を思い描いたとき
私の思う着付けをそのまま具現化していたとしたら
ただただしあわせな結婚を控えたしあわせに満ち溢れたヒロインになってしまっていたかもな…と。
そんな風に思いました。
きっと、この時のヒロインが表現しなければいけなかったのは、
しあわせな中に一抹の心残りや不安や控えめな心情。

あの喉元に、
そんな「揺れ」が表現されていたような。

いま、お風呂に入りながらそんなことを思い返しておりました

深いなー!(笑)


スポンサーサイト



21:20  |  きものを着た日  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://athenabrand.blog67.fc2.com/tb.php/1675-01b03cf3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |