2009年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2009.01.30 (Fri)

単の着物の裄お直し

今年の私の野望は“着付け教室に通う!”ですo(^-^)o

…さて。

数年前。娘が生まれる前、お人形(SD)に和服を作るのにハマりかけていた時期があります。
見よう見まねの洋裁&手芸感覚で何枚か縫って、せっかく縫うんだったらもっと本格的に作れるようになりたい!っと、カルチャーの和裁教室に通い始めたとたん体調を崩してしまい、そこでいったんお教室は辞めたら、娘が生まれたりしてすっかりそのまま復学できないまま現在に至っているのですが…(^_^;)
そんな、お人形の和服を作っていた時代に、母のお友達が「リメイクでもよかったら、この着物ほどいて使って。パッチワークにしてもいいと思うんだけど」とくださった単の着物が1枚ありました。

それが、とにかく柄が超ワタシ好みで!(*>_<*)

あまりにも好きすぎて、とてもほどいてハサミを入れてしまう気にはならず、ずっと箪笥の中にしまってありました。
人形の着物にするのではなく自分が着たいなぁと思いつつ、なにしろクリーニングに出すにも素材もわからないし、どうして良いのやらさっぱりわからなくて(^_^;)

先日、和裁&和装の心得のある伯母(他県在住)が遊びに来た際ちょっと見てもらいました。
結果、伯母にも素材はハッキリとはわかりませんでした。
でも、「人形の服やパッチワークに使って☆」と云ってポンとくださるくらいだから、きっとポリだと思ってたんですが、どうも違うかも? と。

「着てもおかしくないかな?」って相談してみると、「柄的にもモノ的にもおかしくないよ、似合うよ」と、伯母。
「でも、全然裄が足りない!」と…(>_<)

がーんっ(T_T)

でも、「本当に着たいんだったら、直してあげる」と云ってくれて、「それでもまだ短いかもしれないけど、とにかくギリギリまで出せる限界まで出してあげる」と、伯母。
その場で袖をほどきあっちもこっちもほどいてなんか突然大がかりなことにっ(@@)
指定されるまませっせとほどいて、伯母の仕事を眺めておりました(^.^)

ほどいてみると、ミシン皆無。全手縫い。
裄の短さなどから「きっと古いものなんじゃないかなぁ」と伯母。
だからポンとくれたんじゃないかと。
今はセミ・アンティーク着物すっごい流行ってるのに! もったいない!(>_<)

出来ることなら、どういう風にお直しするのか伯母の仕事にべったり貼り付いて勉強したかったんですが、その日はどうしても娘@3歳2か月とともに帰宅せねばならず、実家にお泊まりする伯母に預けて帰ったのでした…(^_^;)
とにかく、伯母の指示通りに袖を外して、あと数カ所ほどくだけほどいて、そこから先はお任せして帰宅~(笑)

で。

伯母が仕上げて行ってくれた着物を受け取りに実家に行ってきました~(*^▽^*)
羽織ってみたら、バッチリです☆ ばっちり!♪
わぁいわぁいo(^-^)o
嬉しい~!
大喜びで伯母にお礼のTELをしたら「時間が足りなくて袖だけはくけてないので、自分でやっといてね☆」って(笑)
わぁお(^_^;)
夏までにくけておかなくちゃ~(笑)
(そのくらいはちゃんと自分でやりますです、ハイ☆)

20090130.jpg


ずいぶん昔何かの機会にその伯母からいただいて「こんなのどんな時に使うんだろ???」と謎だった赤い半幅帯がこの単の着物にバッチリ&ピッタリです(*^▽^*)

絶対、この春娘が幼稚園に入ってくれたらその時間を有効利用して着付け教室に通うのよ~っ♪
そして、この夏、一度くらいはこの着物に袖を通せたらいいなぁ…(*^_^*)

あ。
でも、確認してみたら袖の長さも振りの長さも微妙に特殊っ(^_^;)
長襦袢がありませんよ~。
うそつきスリップを買って替え袖を自作するしかないっぽいです(笑)

先は長そうですね…。
(いや、それよりも何よりもまず先に着付け教室行かなくちゃね…)

20090130-2.jpg


この着物に合わせて、黒い草履も買いました(^.^)
黒地に大きな赤い花のついた鼻緒も素敵でどっちにしようか迷いに迷っていたら、娘が「こっち!」って決めてくれました(笑)
娘@3歳3か月のお見立てです(*^_^*)
ママは優柔不断で決断力に欠けるので、娘にはよく助けてもらってます…(笑)



【資料】
着物/単(素材不明) : 母の友人からのいただきもの
帯 /博多織正絹小袋帯(半巾帯) : 伯母からのプレゼント
草履/黒 : 古々屋
スポンサーサイト
22:40  |  ぬいぬい/和装関係  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |