2003年01月 / 03月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2003.01.05 (Sun)

厚手ウールの台形スカート

20030105-1


ごくごくフツーの超シンプルな台形スカート。ベルト部分のないタイプです。
数年前のフィーメールに載っていた懇切丁寧な写真入り作り方解説を見ながらつくりました(笑)
まだまだ縫い物修行中の身の私は、自分の服を作るときはいつも「マスターしたいテーマ」が有りまして、今回のテーマは「裏地をミシンでつける」でした(笑)
スカートの裏地の付け方はもうそれなりにマスターしたんですけど、それは手縫いで裏地をつける方法。既製服のようにファスナー部分まで全部ミシンでやる方法をマスターしたかったんです。
実母が洋裁はプロなので訊けば教えてくれるんだろうけど、あえて独学です(笑)
ええと、「工夫されたあきの縫い方」という本に、これまた懇切丁寧な写真入りの解説で載っていたので、それを見ながらの挑戦でした~。
結果。
ミシンでやる方が手縫い方式よりも簡単です!(^-^) へへん♪

20030105-3


それよりも苦戦したのが、この生地が厚手のウールだという事実(^_^;)
そうです。チャコで印がつけられないんです・・・。
故に、すべて私の天敵であるきりじつけ~(T_T) きりじつけで印をつけるのも苦手だしそれを目印にして縫うのも苦手だし、加えて最後にきりじつけを外すのもキライなのよ~~~ッo(>_<)o

・・・しんどかった・・・(笑)

でも、最近人形の服ばかりつくっていた身としましては、このパーツの少なさは楽勝(笑) 表地は3つしかないよ~ん。裏地や見返しを合わせても9つ。それに、大きいとやはり縫いやすいというのはありますね(^^)v
でも、スカートのラインはイマイチです(>_<) やっぱりこの手の生地はバイアスで裁つのと段違いなんだな~って反省・・・。だって、バイアスに裁つと生地の量が倍なんだもん~。ちょこっとケチっちゃったんですよね(^_^;) まぁ、次回への課題として覚えておきます(笑)
冬物の厚手生地のスカートが、これを合わせてもクローゼットの中に2着しかないので(もうトシを考えようと思ってミニスカを処分したらなにも残らなかったんです・・・)ホントはもう1着くらいつくりたいんですけどね~。でも、冬物はなかなか好みの生地が見つかりません(>_<) 裏地の付け方を覚えているうちに、裁断してそのままになっているてろてろ素材の春モノのフレアースカートを縫わなきゃな~ナドと思っております~♪

20030105-2

こんなカンジで着ます(^.^)
シャツとベストはどちらもノーブランド。2,900円くらいの安価で購入したものです(笑)



【資料】
生地/少し厚めのウール×裏地
資料/フィーメール
    「工夫されたあきの縫い方」佐藤 貴美枝 (著) /文化出版局
デザイン&型紙/フィーメール
スポンサーサイト
01:28  |  ぬいぬい/大人服  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |